犬鳴村 映画 ー怖いホラーに年齢制限は?キャスト撮影中に異変!

邦画

 

犬鳴村 予告 60秒

『犬鳴村 映画 ー怖いホラーに年齢制限は?キャスト撮影中に異変!』

今や、ハリウッドでもホラー監督として世界に認められている監督・清水崇の最新作
「犬鳴村」。この犬鳴村は日本に実在されていると言う都市伝説がある村です。
清水崇監督が、都市伝説を映画化するとあって話題になっています。
今回は犬鳴村 映画 ー怖いホラーに年齢制限は?キャスト撮影中に異変!などの情報を
お届けしていきます。

 

 

犬鳴村 映画【キャスト&スタッフ】

 

製作国:日本
監督:清水崇
脚本:保坂大輔、清水崇
原案:清水崇
製作:宮崎伸夫、宮崎正、村松秀信、吉村和文、藤田浩幸、荒井ジョースケ、森田圭、
佐野直之、後藤明信、丸橋哲彦、興田尚志、福田剛紀
プロデューサー:中林千賀子
出演:三吉彩花、宮野陽名、高嶋政伸、石橋蓮司、奥菜恵、寺田農、高島礼子
須賀貴匡、笹本旭、吉川毅

 

犬鳴村 映画【あらすじ ※ネタばれあり】

「犬鳴村 映画」の画像検索結果

臨床心理士の森田奏は生まれつき心霊現象が見えると言う霊能力の持ち主でした。
ある日、兄の悠真は恋人・西田明菜に動画の撮影の帯同するようにと誘われました。
その撮影場所は、日本最凶の心霊スポット福岡県の「旧犬鳴村トンネル」でした。

その不気味さに悠真は怖気づきますが、明菜は一切構わずトンネルを進んでいきます。
明菜がトンネル内をしばらく歩いていくとトンネルの出口に差し掛かります。
トンネルの出口には「この先、日本国憲法通用せず」の看板が。
しかし、2人は廃墟が立ち並ぶ「犬鳴村」へと足を踏み入れました。

ひたすら怖がる悠真をしり目に、怖がるそぶりも見せない明菜は廃墟のトイレに向かい
ました。すると明菜は何者かに顔を掴まれ廃墟に閉じ込められそうになりますが、明菜
の悲鳴を聞いた悠真に助けられ2人はトンネルをくぐり逃げることが出来ました。

悠真と明菜はトンネルから逃げおおせることが出来たものの、明菜の様子がおかしいこと
に気付きます。
そこで悠真は霊能力者である妹・奏に救いを求めます。しかし、明菜は家の近くの鉄塔
から身を投げて自殺をしてしまいました。

明菜の葬式の後、悠真は明菜の恨みを晴らすため、仲間と共に犬鳴村へと行こうとして
いました。ですが、悠真と健太以外のメンバーはあまりの怖さに逃げ帰ってしまいます。
2人はバリケードを乗り越え再び犬鳴村へと向かいました。

しかし、2人は帰ってくることがありません。奏は覚悟を決めて午前2時にベルが鳴る
犬鳴村の電話ボックスに出向き、受話器を取りました。電話の話しに意味はなく、
電話ボックスの電話をとることにより時空の歪みが発生し、過去の犬鳴村へと行く事が
出来るようになっていたのです。

村には悠真と健太が監禁されており、あることがキッカケで奏と健太はタイムスリップ
して逃げることができました。
しかし、その数日後犬鳴村が沈んでいるダムから悠真の死体が発見されます。
ですが、死体は悠真だけではありませんでした。悠真の両足には健司と摩耶と思われる
白骨死体がしがみついていました。

奏と遼太郎は病院で再会すると、奏が用事の終わった遼太郎を見送りました。
そんな2人はある異変が・・・・。

 

犬鳴村 映画【犬鳴村の観賞年齢制限は】

「犬鳴村 映画」の画像検索結果

犬鳴村のレーティングはG指定で、全年齢対象になっています。
つまり、子供たちだけでも親の許しがあれば観ることが出来る映画になってます。
ただ、ホラー嫌いだったり、グロ嫌いの人、騒ぐ人などの観賞は避けましょう。

ホラージャンルで最近Gが付くと言うことはかなり珍しいことです。
それだけ子供の観賞に耐えうる程度のものになっているのでしょうか。
せめてホラーはPG12程度にしてもらえると有難いですね。

しかし、今や動画配信などでどんな動画でも観ることが出来るわけですから、映画
だけレーティングを付けると言うのは妙な話ですよね。

 

犬鳴村 映画【撮影中の異変とは】

 

ホラー映画や、その他不吉な映画には製作段階で奇怪な現象が起こったという話は
良く聞きますね。
犬鳴村も当然例外ではありません。特に有名になっているのが、3分間の本編エンド
ロール後の2分50秒あたりでトンネルに積まれたブロックの真ん中の隙間から女性が
ジッとにらみつけていたそうです。

この映像はSNS上で拡散しており、ガチで犬鳴村に霊が映っていると大騒ぎになりま
した。

問題のシーンについてプロデューサーの紀伊宗之プロデューサー曰く「私もSNSで投稿
されているのを見て初めて知りました。現地には2度行ったが企画から撮影、公開の今
までで一番ゾッとしました。もう犬鳴村には関わり合いになりたくないです」と話して
いたとのことです。

 

【まとめ】

 

今回は犬鳴村 映画 ー怖いホラーに年齢制限は?キャスト撮影中に異変!などの情報を
お届けしました。
日本の都市伝説の中でも最凶であり、非常に有名な実在する犬鳴村を題材に「呪怨」な
どを手掛けた清水崇監督がメガホンを取りました。
清水監督らしくただ死体やグロ画面を見せるのではなく、精神的に追いつめていく
手法をここでも採用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました