映画リチャードジュエルのあらすじ・結末のすべてが実話!

映画
ファン待望の作品が今ここにある!
舞台は1996年の実話を元に作成された映画!
気になる結末は?あらすじと共にご紹介!

映画リチャードジュエル【公開日】

1月17日

映画リチャードジュエル【キャスト】

サム・ロックウェル キャシー・他

映画リチャードジュエルは実話を元にしたあらすじが気になる!

舞台は1996年のアトランタだった。
警備員のリチャードは公園でリュックを発見する。
不審に思ったリチャードはおもむろにリュックの中身を確認する。
その中身をみて唖然するのだが、なんと無数の釘が入った爆弾だったのだ。
テロであると公表され、阻止した彼は英雄となった。
そんな中デタラメの報道がされる。
なんとリチャードがテロの犯人だと実名報道されたのだ。
もちろん彼は無実を主張したのだが、新聞社やテレビ局は取り扱ってくれず、最終的には国民までもが敵となった。
無実を主張する彼に弁護士団が立ち上がる!
弁護士共にたたかう彼の無実を信じる家族!
果たして彼は無実を勝ち取ることができるのか?

映画リチャードジュエルはホームページ限定でみれる!メーキング映像!

ホームページ限定で見ることができるメーキング映像ですが、今回のメーキング映像は主役と監督とのやり取りがみることができます。
海外作品ならではのメーキング映像、日本の映画ではホームページにメーキング映像がついていることはないので、このことを考えてもやはり海外のスケールの大きさを感じます。

映画リチャードジュエル数々の賞を受賞!

こちらの作品、凄いのは数々の賞を受賞していることです。
しかも、注目されている映画にも記載されています。
海外での映画は日本同様たくさんの映画がありますからそんな中注目を浴びるのは凄いことですね!
主演女優賞では、高い演技力を兼ね備えていることが分かり表彰されていました。
このままいけば、表彰される回数が多くなるばかりです。

映画リチャードジュエル著名人からの反響が凄い!

この作品を見た海外の著名人からの反響がすさまじく、これだけのコメントがくるのは稀なのではないでしょうか?
やはり言えることは、この映画は実際にあった出来事からできている映画だからこそかもしれません。
1996年の出来事を今の若い世代の方はもちろん知りません。
過去にあった事件を映画化する事により、世間に過去の事を知らせることができます。
二度と同じ事件がないためにも大事なことなのです。

映画リチャードジュエル日本の地下鉄サリン事件と同じ構図!

日本でのイベントリポートで話題となったこちらの言葉は、これから見る方にも考えさせられる一言なのではないでしょうか?
地下鉄サリン事件は日本国内でも未だに卑劣な事件の一つとして国民の胸にしまわれている事だと思います。
地下鉄サリン事件と同じということは、このリチャードジュエルも海外の方の胸に一つの痛みとして突き刺さっている事でしょう?
日本版オリジナルポスターが話題!
海外版ではなく、日本版のオリジナルポスターが話題となっています。
日本版ということもありますが、カッコいいキャストのポスターに仕上がっています。
みる機会があるかたは是非みてみてください。

映画リチャードジュエルCMが公開!

CMが公開されています。
テレビはもちろんなのですが、注目したいのはホームページ状のCMです。
テレビでのCMとは異なりホームページでは何種類かの放送があります。
テレビでの放送ではなかなかゆっくりCMを、みることができないのでホームページ上で見てみても良いかもしれません。

映画リチャードジュエル撮影場所はどこ?

撮影場所はジョージア州のアトランタです。
この情報は公式であがってますので確実です。
日本の撮影とは異なり、海外の場合は素直に伝えるようです。
しかも多方面での撮影もあり、タイにも撮影にいったというから驚きです。
撮影範囲はかなり広く各場面で様々な国に移動しているのかもしれません。

映画リチャードジュエルYouTubeで見える!広告!

公式YouTubeで見ることができるのが、リチャードジュエルの数々のシーンです。
公式ですから間違った情報が流れることはありません。
YouTube版となっていますのでホームページのCMとは異なるようです。
公開日まで待てない方にもYouTubeなら楽しめます。
YouTubeは無料で誰でも見える事ができるお得なアプリです。
スマートフォンを持っていない方の方が少ない現在ですから、どこでも楽しむことができます。
ついつい気になりすぎて動画を見過ぎでしまうと、高額請求がきて困る事になるかもしれません。
Wi-Fi環境が整っている場所なら思う存分楽しむ事ができます。

映画リチャードジュエル気になるリチャードジュエルの実話。

やはり実話ということもあり、衝撃が大きいこの作品。
実話であることに対し、人々の注目も大きいかと思います。
過去にあった話ですが、今後同じような目に合わないためにも一人一人が流されすぎない事が重要ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました