弥生・3月君を愛した30年 のあらすじは?キャストが気になる!ロケ地はどこ?

邦画

 

映画『弥生、三月 -君を愛した30年-』特報【3月20日(金)公開】

 

弥生・3月君を愛した30年 のあらすじは?キャストが気になる!ロケ地はどこ?

男女の恋愛を3月の出来事だけで紡いでいくラブストーリー「弥生・3月君を愛した30年」が、2020年3月20日に東宝系より全国ロードショーとなりました。

ラブストーリーといっても、その辺にあるようなベタなものではないのだそう。

では、どんな物語なのでしょうか。

映画のあらすじは?
誰が出演しているの?
ロケ地が分かれば教えて!

今回は、そんな「弥生・3月君を愛した30年」のあらすじやキャスト、ロケ地についてご紹介します。

 

弥生・3月君を愛した30年:あらすじ

 

 

この物語は、高校生の男女が30年間という長い月日(16歳~50歳)を経て結ばれるまで感動ラブストーリーです。

まずは、そんな映画「弥生・3月君を愛した30年」のあらすじからご紹介を。

30年間のうちの3月だけが紡ぎ合わされていくという、ちょっと新しい形のストーリーとなっています。

 

<あらすじ>

 

1986年3月1日、弥生と太郎…。

「もし、40歳過ぎても独身だったら、俺が結婚してやるよ!」

高校時代に出会った2人の男女。

お互い想い合っていたにも関わらず、親友のサクラの死によって気持ちを伝えられなかった2人は別々の道を歩むことになります。

自身の夢に挑み、結婚、そして子供が生まれ…。

それぞれが選んだ道には幸せなことがありました。

しかし、離婚、災害、配偶者の死…など、人生には様々な困難も…。

夢にも破れ、希望も失い、途方に暮れていたとの時…30年という長い歳月を経て亡き親友・サクラからメッセージが届きます。

はたして、サクラからのメッセージとは何だったのでしょうか。

30年という長い時を経て、弥生と太郎の時間が再び動き始めます。

 

弥生・3月君を愛した30年:キャスト

「弥生・3月君を...」の画像検索結果

それでは、映画「弥生・3月君を愛した30年」から気になるキャストのご紹介です。

結城弥生 役/波留


しっかりとした芯のある女性。
周囲に流されることなく、自分が正しいと信じたことに突き進むタイプ。
太郎のことが好きでしたが、親友・サクラのためにその気持ちに蓋をします。

山田太郎(サンタ)役/成田 凌


弥生の同級生で、明るい性格の持ち主です。
弥生のことが好きでしたが、その想いをずっと伝えられずにいました。
人生をかけてまで弥生を支えようと奮闘します。

渡辺サクラ 役/杉咲 花
https://twitter.com/sora18_sora/status/1240939941720281089?s=20
弥生と太郎の親友で、病気により若くしてこの世を去ります。
生前2人にメッセージを残し、そのメッセージが長い年月を経て弥生と太郎の元へ。

あゆむ 役/岡田健史


山田太郎の息子。
まだ幼いころに弥生と出会い、それをきっかけに教師を目指すこととなるのですが…。

白井卓磨 役/小澤征悦


結城弥生の俳優者で歯科医。
弥生を傍で支える良き夫。

山田真理亜/黒木 華


山田太郎の母親。
太郎同様に明るい性格の持ち主で、太郎と弥生の背中を押していきます。

 

弥生・3月君を愛した30年:ロケ地

 

続いて、映画「弥生・3月君を愛した30年」の撮影で使われたロケ地のご紹介です。

<仙台市内・近郊>
・宮城県泉松陵高等学校
弥生と太郎、サクラが通っていた高校として登場します。
2人の大きな一歩となる卒業のシーンもここで撮影。
太郎の息子が教師となって登場するシーンもこの学校で撮影されました。

余談ではありますが、実はこの高校、本作の監督・遊川氏の奥様の母校なのだそうです。

・仙台ロイヤルパークホテル
弥生の結婚式場として、ホテル内のチャペルが撮影に使用されました。
ホテルとしてだけでなく、ショッピングやその他いろいろ楽しめる素敵なホテルです。

・みやぎ生協めぐみ野サッカー場
太郎がサッカーの試合をした場所。
ゴールを決めて喜ぶ太郎のシーンなどに使われています。

・夢メッセみやぎ
バスで帰ろうとする弥生を太郎が探しにくるシーンで使われました。
映画の中では高速バスターミナルとしての設定ですが、実際はイベント会場などに使用できるような広い空間のあるコンベンションセンターとなっています。

・卸町公園
太郎と息子のあゆむがサッカーボールで遊んでいるシーンに使われました。

・トヨタウッドユーホーム株式会社「エコライフ住宅ガーデンイオン仙台中山展示場」
弥生と夫・卓磨の家。
なかなか帰宅しない弥生を夫・卓磨が待ち続けるシーンなどで使用されています。

・仙台ヒルズホテル
太郎が結婚した式場としてこのホテルが使用されました。
太郎自身は望んでの結婚だったのか…、そして、その結婚式に出席する弥生の気持ちは…。
おめではたくはあるものの、何とも複雑なシーンが撮影されています。

・仙台市営地下鉄愛宕橋駅
30年と長い年月を経て届いた、亡きサクラからのメッセージを弥生が聞いたシーンで使用されています。
撮影時間は、終電間際から始発が出る間までという限られた時間の中行われたそうですよ。

・仙台市秋保体育館
映画の中では東日本大震災という時の出来事も描かれています。
ここでは、太郎が弥生を探す避難所前という設定で使用されました。

・仙台空港アクセス線 杜せきのした駅
電車に乗って帰ろうとした弥生を、太郎が抱き寄せたシーンで使われました。
長い間伝えられずにいた想いを太郎がここで初めて行動で表します。

<宮城県:石巻市・登米市・栗原市、福島県:三春町>
・三春町の平堂壇の桜
映画の節目ごとに登場する象徴的な桜はこちらの場所で撮影されました。
小高い丘にポツンとそびえたつ大きなこの桜の木は、平等寺というお寺があった場所なのだそう。
お寺がなくなる際に、こちらに植樹されたと伝えられているのだとか。

・登米市南方桜街道の分かれ道
弥生と太郎のこれからを暗示するかのような分かれ道として登場するのがこの場所です。
分かれ道の真ん中にある桜の木は本物。
その条件を満たす場所としてここが選ばれたのだそうです。

・食堂「赤城亭」
太郎の母・真理亜が経営する食堂として使用。
震災前の太郎の実家でもあります。

・(有)佐々木商事
周りに廃材などを集めて、東日本大震災により被災した街という設定で使用されました。
実際には、車のリサイクル工場だということです。

・ワタママ食堂
太郎の母・真理亜が震災後に開いた食堂。
実際に石巻市で復興を目指して開店した食堂が使われています。

 

まとめ

 

映画「弥生・3月君を愛した30年」から、あらすじやキャスト、ロケ地をご紹介しました。
あらすじは、両想いの高校生の男女が、様々な困難を経て30年間という長い月日を経て結ばれるという感動ラブストーリーです。
キャストには、「波留・成田凌・杉咲花・岡田健史・小澤征悦・黒木 華」さんらが出演。
ロケ地として使用された場所については、宮城県仙台市内・近郊をはじめ、石巻市・登米市・栗原市、福島県三春町をご紹介しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました