旅猫リポート 映画、サトル は病気に勝てるのか!結末に涙の訳!

邦画
福士蒼汰×猫!映画『旅猫リポート』予告編

 

どんな話?【旅猫リポート】気になるあらすじとネタバレ!

旅猫リポート映画 キャストが気に

福士蒼汰
高畑充希
広瀬アリス豪華キャストがおくる、今回の映画はネコがメインです。
脇役として頑張るというから笑えてしまいます。

旅猫リポート  映画ロケ地が気に

「旅猫リポート ...」の画像検索結果
「旅猫リポート ...」の画像検索結果
旅という字がタイトルに入っているので、やはり旅がメイン。
撮影場所は、大分の豊後高田そして福岡の椎田といわれており、九州方面で撮影されていたことがわかります。

旅猫リポート  映画ネタバレ

宮脇悟は、親友の澤田幸介と野良猫を見つけて飼おうとする。
ハチと名付けられた。悟は六年生になった。
母と口論になり、父からおみやげをきっかけに仲良くなるようにいわれます。いよいよ修学旅行の日。
買い物をして母に土産を買おうとするが、父に言われた名前が思い出せない。
ハチに似たキーホルダーをかう。
担任が先に帰った。
そして悟も。
理由は後でと告げた。修学旅行の途中で帰った悟のためようじやのあぶらとり紙を探して買って帰える。
理由は、帰宅してわかる。
悟の両親が交通事故でなくなった。その後、悟をどうするのか親戚が話しあう。
しかし、誰もが手を上げず。
おばさんのもとにいくことになる。ハチも連れていきたいというが、転勤が多いから買えないと言われた。ある日、会社員の悟は交通事故にあった野良猫を助けた。
名前はナナ。
ナナとハチは姿形が似ていた。しかし、悟が病気だとわかり飼ってくれる人をさがす旅に出た。
何人か飼いたい人がいたので、お見合いにした。夏休み、ハチに会いに高松にいこうとバイトをしますが、ハチは亡くなりいく必要がなくなった。
そんな悟にきちんとお別れするよう促す。
会いにいくことになった。

旅猫リポート 映画 結末・結末の意味

「旅猫リポート ...」の画像検索結果
ナナの新しい飼い主をさがします。
なかなか見つかりません。
様々な旅をしているとナナの大切さを考えます。
ナナを自由にすることを決め、ナナは野良猫になった。
悟は看護師の叔母の家で息を引き取った。
傍でナナが見守りながら。
結末はネコがなくなってしまいます。
かなしい話ですが、命あるもの寿命があるわけです。
そんな人生ですが、猫にとって満足できる人生だったらいいですね。
結末はネコがなくなってしまいます。
かなしい話ですが、命あるもの寿命があるわけです。
そんな人生ですが、猫にとって満足できる人生だったらいいですね。

旅猫リポート 映画 感想

1匹のネコと日々過ごすことで前を向いていく彼の人生を描いた映画。
なんと、彼の人生は猫に支えられた人生。
何故なら、彼は死をはざまにネコの人生を考えたのだから。
ネコの方が寿命は短いのだから、当たり前ながらさよならは猫もさとっていたかったのだから。
彼は彼で猫は猫で互いを思っていたのだろう。
何故だろうか。
映画というより現実の生活を考えてしまう。
ネコだけではないが、沢山の動物が日本には捨てられ、殺処分となっている現状がある。
可愛いだけではないのだが、子猫の時は可愛いという感情があったのに対し、大きくなってくるだけでいらないと無責任な行動をする大人もいるのだ。
何故だろうか。
そんな事はおかしいのは、わかる。
わかるのだが、考えてみてほしい。
沢山の野良猫が存在しているの何故なのかを考えてほしい。
人間が捨てたせいで、今の現状があるのだ。なのに、猫は捕まえられ保健所に連れていられる。
この猫たちに幸せな日々は与えてられないのだ。
辛い事だが現実だ。
しかし、人間皆がひどい人間ばかりではない。
ネコを守ろうとする人間もいるのだ。
守るためにある団体が保護活動をしている。
保護活動をしている中で、当たり前だがネコを守るためにしていることだ。
捨てるダメ人間もいれば守る良い人間もいるのだ。
ネコのことを考えると笑顔が隠しきれない。
猫は飼い主を選ぶ事はできない。
だからこそ、一匹のネコを一つの命を大事にしてほしいと思う。
生き物を、飼う時は考えなければいけない。
どんな小さな命であっても命に小さいも大きいものないのだ。
もちろん、この話を見て、わかるとおり、彼は猫に対して愛情を最後まで注いでいる。
その気持ちがわかるだろうか。
彼の、飼っていた猫はもはや飼い猫という部類を超え、家族だったのだ。
いつしかかけがえない存在にかわる。
彼は自分のもとで最後を迎えるねこではなく、ねこにとっての幸せとはなにかを考えた。
当たり前だが、ねこは話をすることはできない。
人間はネコの声で何を話しているのか理解できない。
しかし、コミュニケーションの濃さにより何を訴えているのかが不思議と分かるようになるのだ。
もし、ネコを飼いたいと思っている人は保健所や保護団体に足を運んでほしい。
それだけで、一つの大きな命を守ることができるのだから。
この話を見て猫と人間の絆を感じ、そして大切さを感じる映画だと思う。
映画好きの方はもちろん、猫好きな方は是非みていただきたい作品の一つ。
個人的には、ねこではなく、犬派だが、動物好きの人間としてはこの飼い主の気持ちがいたいほどわかり、命の大切さを改めて伝えられた。
そんな映画だった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました