アルキメデスの大戦 館ひろしが菅田将暉に絶賛!なぜ?あらすじや結末は!

戦争映画
映画『アルキメデスの大戦』予告【7月26日(金)公開】

2019年7月26日に公開された、脅威の演技力、カメレオン俳優で有名な菅田将暉さんが主演の【アルキメデスの大戦】

今回はその作品について、あらすじや結末、また出演者の映画の感想やコメントなどを詳しく紹介していきたいと思います!

 

【アルキメデスの大戦】の作者は?監督は誰がやったの?

「【アルキメデス...」の画像検索結果

 

【アルキメデスの大戦】[作者と監督]

まず作者は〈ドラゴンの桜〉や〈インベスダーZ〉で知られている漫画家の三田紀房さん。
それを〈永遠の0〉の山崎貴監督が映画化。

これだけでもう大層な作品という事が伝わります。

そもそも菅田将暉さんの他に誰が出演していの?アルキメデスの大戦ってどんな話?

まず出演者とその役について紹介したいと思います!

・菅田将暉(櫂直)

・浜辺美波(尾崎鏡子)

・柄本佑(田中正二郎)

・笑福亭鶴瓶(大里清)

・小林克也(大角岑生)

・小日向文世(宇野積蔵)

・國村隼(永野修身)

・橋爪功(嶋田繁太郎)

・田中泯(平山忠道)

・舘ひろし(山本五十六)

豪華な出演者達、勢揃いです。

では、そんな豪華な出演者達がどんな役で、どんな演技をしていたのか【アルキメデスの大戦】のあらすじについて話していきたいと思います。

【アルキメデスの大戦】[あらすじ]

 

舞台は1933年、欧米列強との対立を深めていた日本。国際連盟脱退以降、どうしたら国力と戦力を増強させる事ができるのか頭を抱えていたさなか、2つの意見が論争されていた。

山本五十六少将(館ひろし)と永野修身中将(國村隼)は、これからは航空戦が戦争の主となっていく事を考え、空母の新造計画を主張した。
だがもう一方、今よりも壮大な大型軍艦を製造して敵を驚かせてやろうと主張する嶋田繁太郎少将(橋爪功)と平山忠道造船中将(田中泯)。

この2つの意見の争いは収まる事を知らず、ついには感情論にまで発展してしまう。結局、解決策は出ず、2週間の猶予を与えられ再度検討する事になった。

そんな中、山本らが思いがけない出会いをする。

山本らが飲んでいた料亭で、気分を変えて楽しもうと芸者を呼んだが1人の客が芸者達を独占しているとの事。
山本はその座敷へ向かい開けてみると、そこにいたのは天才数学者の櫂直(菅田将暉)だった。

「軍人は嫌いだ。」
頑なに軍人嫌いを主張する櫂直。それには理由があった。前まで、尾崎財閥に帝大で数学の研究をさせてもらい、またその一人娘、尾崎鏡子(浜辺美波)の家庭教師をしていた。だがある日、嶋田少将を反感を買った櫂直は鏡子とのスキャンダルがあがり、大学と家庭教師を辞めさせられる事になる。

軍人嫌いな櫂直は、山本を追い返した。
だが、後日部下の田中(柄本佑)と共に下宿している櫂直を訪ねスカウトをする。
櫂直はやはり軍人嫌いを突き通す。そんな櫂直に山本は、「嶋田達がもし壮大な戦艦を作ってしまったら、日本は負けるわけがないと国や国民はそう捉えてしまう。だから、戦艦の製造をやめさせるように手伝って欲しい。」
それでも櫂直は受け入れる事はなかった。

だが後日、アメリカ留学する櫂直は船の中へと向かうが、櫂直は船をすぐ降り山本の元へ。受け入れる事を決意し伝えにいく。

さっそく山本によって海軍少佐の地位をもらった櫂直。そこで山本から命じられたのは、嶋田らが主張していた壮大な戦艦の製造の見積もりの低さの謎と、嶋田らの闇を暴く事だった….。

【アルキメデスの大戦】結末と館ひろしさんが菅田将暉さんに絶賛!その理由とは

「【アルキメデス...」の画像検索結果

ここからは結末のご紹介です!

【アルキメデスの大戦】〈結末〉

 

軍事会議までギリギリのところで、嶋田らの見積もりが低すぎると証明した櫂直。これで山本らの空母新造計画が採用されるかと思いきや、この低い見積もりは意図的だと平山が発言。これほど大掛かりな費用が他国に見られたら、日本が大層な事をしてくると気づかれてしまう。だから低い見積もりを提出したのだと、言い放ったのだ。
今までの苦労や努力が水の泡になりそうだったその時、櫂直は戦艦の大きな設計ミスに気づく。すぐに声を張り上げ、再度設計図を見直すよう指摘。
平山は非を認め、自ら提案を取り下げました。
これでやっと空母新造計画が採用されたのだ。

それからしばらくして、櫂直は平山に呼ばれ向かうと、採用されなかった戦艦の模型が置いてあった。戦艦は国や国民に誤解を招く。意思を変えない事を主張をした櫂直だが、平山はその意見に否定をした。
日本は負け方を知らない。だから最後の最後まで戦おうとするだろう。だが、戦艦があったら?もしあの巨大な戦艦が沈んだら?人は戦意を失う。これは戦争を止める為の戦艦なのだと平山は語った。
櫂直は言葉を失い、そしてやがて戦艦の製造に深く関わっていく。

そして、完成されたその戦艦の名前は「大和」と名付けられたのでした。

【アルキメデスの大戦】〈館ひろしさんが菅田将暉さんに絶賛?その理由とは!〉

 

これは6月26日に東京国際フォーラムで行われた完成披露試写会での舞台挨拶での出来事です!

菅田将暉さんが映画の感想や役作りで大変だった事など話していました。
すると、館ひろしさんへ菅田将暉さんの共演はどうだったかと聞かれると

「いや、もう天才ですよ。本当に素晴らしかった。しかもこの顔とこのスタイルとこの演技で!女性にモテないわけがない!」と大絶賛。

菅田将暉さんは照れながら笑って
「館さんに言われるのは嬉しいですね!録画しとかないと。」と嬉しさを表していました。
また館ひろしさんは

「初めて僕は男に嫉妬しました。」
と菅田将暉さんを褒め倒していました。

そこから出演者の方々の菅田将暉さんへのべた褒めの嵐でした。

柄本佑さんは共演者の方とは仲良くなる事はないけれど、菅田将暉さんとは息が合うかのように仲良くなった、小林克也さんは声が良くて驚いた、などなど。

ついには柄本佑さんが「べた褒めやね。」と話しかけると、菅田将暉さんも「今日はすごいな。」と目を丸くして一緒に驚いていたとの事。

 

【アルキメデスの大戦】まとめ

 

今回はアルキメデスの大戦のあらすじと結末、出演者や菅田将暉さんが絶賛された理由についてご紹介していきました!

カメレオン俳優の名はファンの方々だけではなく、同じ職業の俳優さん達にまで圧倒されてるようです。

またアルキメデスの大戦では、緊迫な演技力が魅了されていますので、気になった方は是非。見てみてはどうでしょうか。

コメント

  1. […] アルキメデスの大戦 館ひろしが菅田将暉に絶賛!なぜ?あらすじや結末は… […]

タイトルとURLをコピーしました